王本宮 2014/02/17 更新

譯者:佐渡守通勝   轉載時請標明出處

↓↓ 廣受信賴且成績卓越的玩笑話!? 只有王本宮才能看到以前的革命先生連載! ↓↓
↓↓ 不定期秘密1行連載 『桃雫狼?(原作:革命)』 欄外專欄――  ↓↓

⊿ 今天的碎碎念(不定期)

「……但是,這就是郵遞員的工作。于是,在這一天,他兢兢業業地履行了自己的職責。
司祭的忌日已經過去了。今年我也會對此心懷感恩。
不去隨波逐流,要時刻約束自己浮躁的想法,而在明年也要繼續爲司祭獻上默哀。
平均十餘克的信件,重重地壓在他的肩頭。
而在每一天裏獲得的這些感受,終將開花結果,變作環繞在耳邊的優雅旋律而歸。
但是,或許那已不是這個時代了,也或許不是你了。
不過,我們依舊彼此相連。
凍壞了的男子回到家中,比平常多溫了一壺酒……。」
一定要將接力棒繼續傳遞下去。於此處相連的故事絕不是毫無意義的。

↑↑ 所謂思想,就是如此沉重!!! 想給革命先生寫信者請使用站內信系統! ↑↑

 


[auth permission]

↓↓ 信頼と実績の駄洒落ッ!? かつて革命先生の連載が読めたのはSH.netだけッ! ↓↓
↓↓ 不定期シークレット1行連載 『桃だろう?(原作:革命)』 欄外コラム―― ↓↓

⊿ 本日の呟き(不定期)

「……しかし、それが郵便局員の仕事であった。そして、その日もそれは粛々と果たされた。
司祭の命日が過ぎましたね。今年もありがとうございました。
世間に流されず、ふわふわとした気持ちを律し、来年も黙祷を捧げたいと思います。
平均十数グラムの伝言。やたらと肩が凝った。
日々頂いている気持ちはいつか実を結び、誰かの耳元へ優しい旋律となって還るでしょう。
それはもしかすると、今の時代じゃないし、君じゃないかも知れない。
それでも、僕達は繋がっているのだと、想う。
男が凍えながら家に帰ると、いつもより一本多く熱燗が附けてあった……。」
一本でも多くのバトンを渡して逝きたいと想う。ここに繋がった物語は無駄などでは断じてない。

↑↑ 想いは、重いッ!!! 革命先生へのFLはメールフォームにてッ! ↑↑

[/auth]